今年も遊行の盆がはじまります!

2017.07.20 Thursday

2017.7.17

今年も遊行の盆がはじまります! ちょうちんちょうちんちょうちん

 

なんと12回目の遊行の盆。 思い起こせば、12年前・・・

「盆踊りの発祥の地は、ここ藤沢」と 聞かされ、驚きました。

それから、時宗一遍上人の事を調べ、 「踊念仏」を知り、

初めて盆踊りの意味を知ったのです。きらきら

 

 

そして、商工会議所から、何とかこの踊りの発祥の地=藤沢を

お祭りの形にして、世の中に出したいと聞き、 その為の唄の

吹込みをお願いできないかと、言われたのが はじまりです。

 

 

作詩は、藤沢の脚本家 白石征先生

作曲は、JAシーザー先生

お二人とも寺山修二さんと縁のある有名な方々なんです。Docomo1

 

 

出来上がった曲は、5曲。すでに、吹込みは終わっています。

まだ4曲が世の中に出ていない曲です。

第1回目の遊行の盆は、遊行寺で行われました。

とても幻想的だったのを覚えております。

 

 

思い出話はここまでとして・・・

そんなこんなで、今年も遊行の盆出演のための 練習が始まりました!

 

今年のチラシと練習風景です。


優勝しました!

2017.05.31 Wednesday

2017.5.28

東京都文京区 シビックホール

郷土民謡民舞の春季大会が開かれました!

 

藤房会は、ミニ合唱で参加しました。

ミニ合唱は、歌と指揮者を合わせて、最大15人の編成で

競い合います。

今回は女性9人、男性4人、指揮者1人の14名(一人足りなかった・・・)

歌は、南部餅つき唄

 

練習をあまりしていなかったので、優勝なんて考えていなかっただけに

驚きが先でした。

 

舞台に立ってしまったので、唄っている写真はありません。

本番前と表彰式の写真を乗せます。


伝統文化を守る!

2016.12.04 Sunday

2016.12.04 藤沢市伝統芸能発表会 今日は、藤沢市民会館小ホールで伝統芸能発表会が 行われました。 藤房会は、津軽じょんから節の合奏と 遊行ばやし(合唱)をお披露目しました。 全てご紹介できませんが、お琴あり、踊りあり 詩吟ありと、伝統芸能を守っていこうという藤沢市は 素晴らしいと思います!

合奏のじょんがら節は、2020年オリンピックの開会式にお披露目したいと 頑張っている曲です。



 


オリンピックに向けて in 武道館

2016.10.25 Tuesday

2016.10.21〜10.23

郷土民謡全国大会 in 武道館 

 

日本武道館で郷土民謡全国大会が行われました。

藤房会にメンバーも、参加しました。

 

 

また、大会最終日10/23には、2000人の大合奏「ギネスに挑戦」が行われ 私たちも参加しました。三味線 三味線

結果は、ギネス更新手

認定された人数は、1911人 「最大の三味線演奏アンサンブル」として更新です!ゆう★ 

そして、次の目標は、オリンピックの開会式で弾くことです。

どうか、東京オリンピックに参加させて下さい!!

 

 

 

そして、その日のゲストは、福田こうへいさん。 福田さんは、もともと郷土民謡の仲間だとか・・・ はじめて生唄を聞きましたが、本当に上手でびっくりしました。 演歌歌手ということで、今度は聞いたみたいと思いました。


遠藤 芭蕉苑祭

2016.10.16 Sunday

2016.10.16 晴快晴晴

 

芭蕉苑祭(藤沢市遠藤)三味線着物

 

今日は、芭蕉苑の秋祭りに呼んでいただきました。 沢山の園の方と楽しい時間を過ごさせていただきました。 また、これを企画してくださった園の方々、またサポートしてくださった 地域の方々、本当にありがとうございました!

 

 

房安寿会会主 武井房安寿さん

 

小学生のまうちゃんも唄ってくれました。

 

津軽三味線も披露。これは、4年後の東京オリンピックに向けて

日本中の三味線奏者が頑張っている曲です。

 

スタッフの皆さん ありがとうございました。ありがとう

 

藤沢市のゆるキャラ 公式キャラクター の「ふじキュン」も来てくれました。

 

踊りの方々もふじキュンと一緒にカメラ

 

最後は、芭蕉苑の方と沼上会長と「お手を拝借〜よーお・・・ポン!」

祝い〆で終わりました。

本当にお世話になりました。感謝

 

 

本当楽しい一日でした!

 



最近の投稿

カテゴリ

バックナンバー

サイト内検索

その他

MOBILE

qrcode